知っておいて損はない!自動車保険の補償内容

対人無制限

自動車保険の補償で一番筆頭にあるのが、「対人無制限」という補償。
これは、一番大事な補償と言えます。
いわゆる、事故を起こしたときに、相手側が怪我で済む場合もあれば、入院することになったり、最悪は亡くなるといったこともあるでしょう。
事故でこのような被害もひとりではなく、2人、3人とどのくらいの人数が対象になるかも分かりません。
このようなときに、「対人無制限」という補償はしっかりと補償してくれます。

 

例えば、亡くなったという場合でもその人その人で補償額が違います。
老人の場合、専業主婦の場合、医師の場合などでも違いがあります。
その人が生きていた場合に、これから稼ぐと予想された金額が関係してくるので、医師などはどうしても高額になります。
ですから、補償額も1億という場合も出て来るでしょう。
そうなると、「対人無制限」でないと意味はないということになるのです。

 

自動車保険に入っていなくても、自賠責保険でどうにかできると考えている人もいるでしょうが、自賠責保険は最低限の補償しかなく、それだけで補償が賄えるはずがありません。任意の自動車保険に入らないと、もしものときに無くすものも大きく、相手側への補償はできない上に、自分の家族も路頭に迷うということになるので、必ず加入しましょう。

参照サイト