対物無制限

対物無制限

対物とは、その名のとおり物に対しての補償です。
よく聞くのが、事故を起こしたときにガードレールや標識、看板などを補償するというもの。
相手側の車両の補償ということもあるでしょう。

 

自賠責保険では、この対物の補償がありませんので、任意の自動車保険に入っていないと大変なことになります。
ちょっと相手の車に傷が付いてしまったという場合でも、修理に出せば数万円は掛かりますしそれで済めばまだマシな方。

 

ガードレールを壊した場合ですが、一般道ですとだいたいの目安が50万円程度は掛かっているようです。
これには、減価償却が認められていないので新しいものに交換ということになり、そのための費用や工事のための交通規制のガードマンの費用など、思ったより掛かるようです。
一般道でもそのくらい掛かりますので、高速道路ということになると交通規制などをしなければならず100万円以上は掛かるようです。

 

一般的に、対物補償は無制限である方が安心といえるわけではありますが、最低でも1000万円の補償は付けておくとよいでしょう。
こればかりは、保険費用にどのくらい払うことができるかという問題や、運転の頻度を考えたら無制限補償はいらないのでは?という意見もありますので、加入は原則(自賠責保険では物損事故は補償がない)ですが、補償額についてはそれぞれの考え方次第なのかもしれません。