車両保険

車両保険

車両保険は、自分の車への補償ということになります。
事故を起こした時に、相手の車は対物保険で補償されるので別のものと考えましょう。

 

しかし、この車両保険は加入の割合が4割弱と割と低いことをご存じでしょうか?
それは、車両保険に加入することで保険料がかなりアップするからなのです。
場合によっては、倍近くとなることもあるので加入についてはどうしても考えてしまいます。

 

ひとくちに車両保険といっても、自分の車の停車中の当て逃げのようなものを補償するのかしないのか?それはその車両保険によっても違いがあります。
私も、停車中の車に傷を付けられて加入している車両保険で修理をしようとしたのですが、相手側が分からない場合は補償対象外ということでやむなく自費で修理をしたことがあります。
ですから、加入している(加入しようとしている)車両保険はどのようなタイプのものなのか調べておきましょう。

 

また、加入しない人の理由として
・次の車検の前に車を買い替える
・車のローンも終わっているし、もしものときは自費で修理する予定
というものが多いようです。
このようなはっきりとした理由がある場合は加入しなくてよさそうですし、加入することが無駄になり兼ねません。
まずは、相手に対する補償がきっちりとしていることが重要ですから、自分の車への補償はそこまで神経質にならない方がいいのかもしれません。