人身傷害補償

人身傷害補償

人身傷害補償・・・これは、よく対人保険などと比較されるのですが、この補償に入ることのメリットはどのようなことでしょうか?
それは、過失の割合に関係なく補償が支払われるというものです。

 

例えば、事故を起こした時に過失割合が、自分が20%相手が80%だったとします。
この場合にあなたの実損額が3000万円としましょう。
相手が80%ということなので、3000万円×80%=2400万円は、相手から支払われることになりますが、残りの600万円は自己負担ということになります。
しかし、人身傷害補償に加入していれば、過失の割合は関係ないので3000万円保険から補償されることになります。

 

この人身傷害補償を決めるのは、怪我の治療費、休業補償、慰謝料などが含まれますから思ったより高額になることが間違いありません。
その人数が複数ということになれば、それだけ補償額も多くなるのです。
ですから、この人身傷害補償は入っておくべきといえます。

 

また、似たような補償に「搭乗者補償」がありますが、これは自分の車に乗っている人にのみ補償さるものですから、どうしても対象が狭くなりがちです。
もちろん、どちらも入っていれば天下無敵という感じがしますが、優先順位を考えるとどうしても人身傷害補償を充実させたいですね。